1. TOP
  2. ユーザーサポート
  3. 販売終了・生産保守終了案内

販売終了・
生産保守終了案内

販売を終了した製品、及び生産や保守を終了した製品情報を一覧で紹介しています。

販売終了、生産終了製品

検査システム

※スクロールで表をご覧いただけます。

品名 最終出荷年月 販売終了年月 販売終了詳細 後継製品名
TFO50 2011.12 2013.01 新製品リリースに伴い販売終了 TFOシリーズ
TFO100 2010.09 2013.01 新製品リリースに伴い販売終了 RSCシリーズ
品名 最終オーダー 販売終了年月 販売終了詳細 後継製品名
MTPCI-DC2-G 2018.03.29 在庫無くなり次第終了 製造用部品EOLの為 MTPEX-SA-G(*1)
MTPCI-DD2-G 2018.03.29 在庫無くなり次第終了 製造用部品EOLの為 なし

(*1):後継機仕様に関するお問い合わせは サポートセンター E-mail:mtsupport@systechjapan.co.jp まで

PCボード製品

※スクロールで表をご覧いただけます。

製品名 保守終了 後継機種
MTPCI-MN  
MTPCI-MN2  
MTPCI-CL  
MTPCI-CL2  
MTPCI-CM



MTPCI-CM2-G



MTPCI-TL  
MTPCI-TL2-G  
MTPCI-PL - MTPEX-SL-G (*2)(*5)(*6)
対応ライブラリ:V500 (*3)


MTPCI-PL-G - MTPEX-SL-G (*2)(*5)(*6)
対応ライブラリ:V500 (*4)
MTPEX-PL-G - MTPEX-SL-G (*2)(*5)(*6)
対応ライブラリ:V500 (*4)
MTPCI-CD



MTPCI-CD-MEM



MTPCI-CD2  
MTPCI-SM  
MTPCI-FL  
MTPCI-FL-G  
MTPEX-FL-G  
MTPEX-FL2-G MTPEX-XL-G
MTPCI-HVB  

※スクロールで表をご覧いただけます。

製品名 保守終了 後継機種
MTPCI-PGM -  
MTPCI-DM -  
MTPCI-DM2-G - 注1
MTPCI-DX  
MTPCI-DX-G - MTPEX-SA-G(*2)(*5)(*6)
対応ライブラリ:V500(*3)
MTCB-A300 (*5)(*7)
対応ライブラリ:V100(*4)
MTPEX-DX-G - MTPEX-SA-G (*2)(*5)(*6)
対応ライブラリ:V500 (*3)
MTCB-A300 (*5)(*7)
対応ライブラリ:V100(*4)
MTPCI-DN  
MTPCI-DC  
MTPCI-DC2-G - MTPEX-SA-G (*2)(*5)(*6)
対応ライブラリ:V500 (*3)
MTCB-A300 (*5)(*7)
対応ライブラリ:V100(*4)
MTPCI-DD

MTPCI-DD2-G - なし

MTPCI-VG MTPEX-SA-G (*2)(*5)(*6)
対応ライブラリ:V500 (*3)
MTCB-A300 (*5)(*7)
対応ライブラリ:V100(*4)
MTPCI-VG-G MTPEX-SA-G (*2)(*5)(*6)
対応ライブラリ:V500 (*3)
MTCB-A300 (*5)(*7)
対応ライブラリ:V100(*4)
MTPEX-VG-G  
MTPCI-CO-G  
MTPEX-ID-G - MTCB-D500 注1
MTPEX-QL-G - MTPEX-QL2-G
MTPEX-QL-G-128 - MTPEX-QL2-G
MTPEX-DL-G - MTPEX-DL2-G
 

(*2)NTS(カラー)/PALは接続出来ません。
  NTSC(カラー)/PALで接続したい場合、MTCB-A300をご検討ください。
(*3)V414からV500ライブラリに変更する際、下記の変更が必要となります。

  • デバイスドライバーの再インストール
  • アプリケーションのリビルド作業

  後継機種のライブラリから下記をコピーし、現在使用しているファイルと差し替えてアプリケーションのリビルド作業を行う。

  • ヘッダファイル一式ファイル、
  • mtpcidma5.dll(OS:32bit用)/ mtpcidma5_64.dll(OS:64bit用)
  • mtpcidma5.lib(OS:32bit用)/ mtpcidma5_64.lib(OS:64bit用)
  • MtPciEntry5.ini

(*4)V414/V500からV100ライブラリに変更する際、下記の変更が必要となります。

  • デバイスドライバーの再インストール
  • アプリケーションのリビルド作業

  後継機種のライブラリから下記をコピーし、現在使用しているファイルと差し替えてアプリケーションのリビルド作業を行う。

  • ヘッダファイル一式ファイル、
  • MtUsbLib4.dll(OS:32bit用) /MtUsbLib4_64.dll(OS:64bit用)
  • MtWinViewImg.dll (OS:32bit用)/MtWinViewImg64.dll(OS:64bit用)
  • uvdmusb64.dll

(*5)DIOのPIN配列はボードによって異なる為、各ボードドキュメントを参照してください。
(*6)MTPEX-SA-G用のカメラ設定ファイルが必要となります。
  現在使用中/使用予定のカメラ設定ファイルをサポート窓口までご送付ください。
  MTPEX-SA-G用に修正し、返送いたします。
(*7)MTCB-A300/D500用のカメラ設定ファイルが必要となります。
  ライブラリ内に用意されているカメラ設定ファイルをご使用ください。
  場所:MTUSB-WIN(3)-V100_BuildXX\Bin_MTCB-Series\SettingFile

*後継機種については 仕様御確認の上お買い求めください。貸し出しも行っております。
注1 BOXタイプの製品がございます、お問い合わせください。
技術お問い合わせ先:mtsupport@systechjapan.co.jp

保守終了製品

検査システム

※スクロールで表をご覧いただけます。

製品名 対象シリアルNo. 保守終了受付期日 後継製品名
MTN100-VTB ~M2210022 2021.12 営業にお問い合わせください
RSC-250 ~Z8310043 2021.12 RSCシリーズ
RSC-1000 ~D8320100 2021.12 RSCシリーズ
D4230148~D4230153 2021.12
~D4230147 2020.08
D1xxxxxx~D2xxxxxx 2018.03
TFO-200 ~Z1310101 2021.12

TFOシリーズ、RSCシリーズ

Vxxxxxxx 2019.12
TFO-120 ~GA240297 2021.12

TFOシリーズ、RSCシリーズ

GBxxxxxx 2019.12
TFO-100
TFO-100s
Gxxxxxxxx
Jxxxxxxxx
2020.08 TFOシリーズ、RSCシリーズ
A0xxxxxx 2016.12
B0xxxxxx 2016.12
TFO-50 B6xxxxxx 2016.12 TFOシリーズ、RSCシリーズ
TFO-30 35xxxxxx 2014.03 TFOシリーズ、RSCシリーズ
TFO-20 20xxxxxx 2014.03 TFOシリーズ、RSCシリーズ
TFO-10 10xxxxxx 2014.03 TFOシリーズ、RSCシリーズ
C-TPS ~K2310290 2021.12 TPSシリーズ
087xxxxx
088xxxxx
2018.03
08000xxx 2016.12
085xxxxx 2016.12
086xxxxx 2016.12
TPS-2100 Dxxxxxx 2017.08 TPSシリーズ
TPS-2000 24860360 2014.03 TPSシリーズ
TPS-486xx 14862438 2014.03 TPSシリーズ
CT-1 9700030 2014.03 TFOシリーズ、RSCシリーズ
その他の検査製品 ~2013年12月 2021.12 営業にお問い合わせください

有償修理対応期間は原則納品後7年間となっております。
尚、詳細につきましては、担当営業にお問い合わせ下さい。

PCボード製品対応OS

各ボードの対応OSは以下の通りです。

※スクロールで表をご覧いただけます。

ボード 対応OS 注意
MTPCI-DC2-G[生産終了]
MTPCI-DD2-G[生産終了]
MTPCI-DX-G[生産終了]
MTPEX-DX-G[生産終了]
MTPCI-PL-G[生産終了]
MTPEX-PL-G[生産終了]
Windows7
(32/64bit)
 
MTPEX-SA-G
MTPEX-SL-G
MTPEX-XL-G
MTPEX-FL2-G[生産終了]
MTPEX-QL2-G
MTPEX-DL2-G
MTPEX-ID-G[生産終了]
Windows7
(32/64bit)
(*1)
ユニット 対応OS 注意
MTCB-A300
MTCB-D500
Windows7
(32/64bit)
(*1)

(*1) Windows10で動作可能ですが、スリープモードには対応していません。
  OSがスリープ状態になった場合、アプリケーションの再起動が必要になります。

PCボード製品後継種

各ボードの後継機種は以下の通りです。

※スクロールで表をご覧いただけます。

既存ボード 対応バス 対応ライブラリ   後継機種 対応バス 対応ライブラリ 対応ライブラリ
MTPCI-DC2-G
MTPCI-DX-G
PCIバス V414 MTPEX-SA-G PCI-Expressバスx1 V500(*2) (*1)(*4)(*5)
MTCB-A300 USB V100(*3) (*4) (*6)
MTPEX-DX-G PCI-Expressバスx1 V414 MTPEX-SA-G PCI-Expressバスx1 V500(*2) (*1)(*4)(*5)
MTCB-A300 USB V100(*3) (*4) (*6)
MTPCI-DD2-G PCIバス V414 なし  - なし  -
MTPCI-PL-G PCIバス V414 MTPEX-SL-G PCI-Expressバスx1 V500(*2) (*4)
MTPEX-PL-G PCI-Expressバスx1 V414
MTPEX-FL2-G PCI-Expressバスx4 V500 MTPEX-XL-G PCI-Expressバスx4 V500 (*4)
MTPEX-ID-G PCIバス V500 MTCB-D500 USB V100(*3) (*4) (*6)

(*1)NTS(カラー)/PALは接続出来ません。
  NTSC(カラー)/PALで接続したい場合、MTCB-A300をご検討ください。
(*2)V414からV500ライブラリに変更する際、下記の変更が必要となります。

  • デバイスドライバーの再インストール
  • アプリケーションのリビルド作業

  後継機種のライブラリから下記をコピーし、現在使用しているファイルと差し替えてアプリケーションのリビルド作業を行う。

  • ヘッダファイル一式ファイル、
  • mtpcidma5.dll(OS:32bit用)/ mtpcidma5_64.dll(OS:64bit用)
  • mtpcidma5.lib(OS:32bit用)/ mtpcidma5_64.lib(OS:64bit用)
  • MtPciEntry5.ini

(*3)V414/V500からV100ライブラリに変更する際、下記の変更が必要となります。

  • デバイスドライバーの再インストール
  • アプリケーションのリビルド作業

  後継機種のライブラリから下記をコピーし、現在使用しているファイルと差し替えてアプリケーションのリビルド作業を行う。

  • ヘッダファイル一式ファイル、
  • MtUsbLib4.dll(OS:32bit用) /MtUsbLib4_64.dll(OS:64bit用)
  • MtWinViewImg.dll (OS:32bit用)/MtWinViewImg64.dll(OS:64bit用)
  • Muvdmusb64.dll

(*4)DIOのPIN配列はボードによって異なる為、各ボードドキュメントを参照して下さい。
(*5)MTPEX-SA-G用のカメラ設定ファイルが必要となります。
  現在使用中/使用予定のカメラ設定ファイルをサポート窓口までご送付下さい。
  MTPEX-SA-G用に修正し、返送いたします。
(*6)MTCB-A300/D500用のカメラ設定ファイルが必要となります。
  ライブラリ内に用意されているカメラ設定ファイルをご使用下さい。
  場所:MTUSB-WIN(3)-V100_BuildXX\Bin_MTCB-Series\SettingFile

カタログ・資料ダウンロード・
お問い合わせはこちらから

購入ご検討の参考に

ご質問・ご相談などお気軽に

セミナー情報