TOP > 最新情報 > 「プレスリリース」マイクロ・テクニカ、米国TraceLink, Inc.と販売代理店契約を締結 

「プレスリリース」マイクロ・テクニカ、米国TraceLink, Inc.と販売代理店契約を締結 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロ・テクニカ、米国TraceLink, Inc.と販売代理店契約を締結

―トラック&トレースにおけるクラウド分野製品の強化、医薬品業界のグローバルコンプライアンスに貢献―

2020年12月1日発表

株式会社マイクロ・テクニカ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:葛生 仁)は、医薬品業界向けデジタルネットワークプラットフォームプロバイダーのリーディングカンパニーであるTraceLink(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:Shabbir Dahod)との間でパートナーシップ契約を締結し、本契約締結により、当社はTraceLink製品およびサービスの正式な日本販売代理店となりましたことをお知らせいたします。


マイクロ・テクニカは2013年より、中国向け医薬品を対象とした中国バーコードシステムの構築・販売を開始いたしました。サプライチェーンのグローバル化が進む中で、患者様の安全を担保すべく、製品の安全性・サプライチェーンの健全性を高める手段として「トラック&トレース(シリアライゼーション)」要件が世界各国で製造業者に求められるようになりました。当社も、中国向けだけではなく米国・欧州・中東・韓国などお客様の仕向け先に応じた、よりフレキシブルかつ信頼性の高いトラック&トレースシステムの開発に取り組んでまいりました。こうした経験を基に、今日までに医薬品業界より多数のお問い合わせをいただき、納入実績(国内外)を積み上げております。

  
TraceLinkは2009年創業以降、ライフサイエンス業界におけるトラック&トレースネットワークを構築してきました。現在、そのネットワークの規模は世界最大であり、世界各国の280,000のメンバーで構成されています。世界50か国で約1,300の顧客のシリアライゼーションコンプライアンスをサポートしております。

当社の製造ライン側でのトラック&トレースシステムの導入実績に、この強力なTraceLinkのネットワークを掛け合わせることで、サプライチェーンの上流から下流までのデータの包括的な管理が可能となり、製造企業様や流通関連企業様が個々に抱えるサプライチェーンにおける課題(パートナーとの効率的なシリアルデータエクスチェンジやコンプライアンス対応)に対してベストなご提案ができると考えております。

 

株式会社マイクロ・テクニカについて

マイクロ・テクニカは、最先端の画像処理技術をベースに多種多様な業界向けの「画像検査」システムを開発・製造・販売する画像処理技術のリーディングカンパニーです。特に、医薬品・食品業界における印字(文字)検査分野では高いシェアを誇っております。また、近年では、AIや最先端のデータ管理技術を活用して、製造・包装現場における業界のアンメットニーズに対応できる総合ソリューションの提案にも取り組んでおります。
 


https://www.microtechnica.co.jp/

 

TraceLink, Inc.について

TraceLinkは、米国マサチューセッツ州に本社を置くライフサイエンスサプライチェーン向けデジタルネットワークのリーディング企業です。「greater good of patient(患者様の利益)」のため世界中の医薬品・ライフサイエンス関連企業の皆様をBtoBで繋げる役割を担っています。想定外の出来事やそれに起因したビジネス上の障害が「容易に」起きうる今日の状況において、医薬品業界の皆様にとって必要不可欠な「正確性」「アジリティ」「可視性」を提供いたします。世界各国に6つのオフィスを展開しております。製品・サービスの詳細については、https://www.tracelink.com/をご覧ください。
 


 https://www.tracelink.com/

*本文中に使用されている会社名、商品名およびサービス名等は、株式会社マイクロ・テクニカおよびTraceLink, Inc.の商標または登録商標です。

 

 

本件に関するお問い合わせ

株式会社マイクロ・テクニカ 
第2事業部 営業推進室(sales_division2@microtechnica.co.jp

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ